コラム

  1. --/--/-- 
  2. 2011/11/01 ハコフグに注意!!
  3. 2011/09/08 メール便はやっぱり危険?
  4. 2011/07/06 通信販売とクーリングオフ
  5. 2010/02/13 二重価格に気をつけナハレヤ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハコフグに注意!!

つい先日「てっさ」をご紹介したのですが

なんでも東京や佐賀で

毒を取り除いていないハコフグが

流通してしまっているようです!!

ハコフグの肝臓などには猛毒の「パリトキシン様毒」が含まれ

食べると呼吸困難やけいれんを起こす可能性があり

死亡するケースもあるとのこと!

東京で最大4匹、佐賀では17匹が

売れているそうですが消費者は特定できおらず

とにかく注意が必要なようです!!

メール便はやっぱり危険?

さて今日もコラムというかニュース記事から!!

日テレNEWS24によれば

ヤマト運輸は7日、秋田市の配達を担当していた60歳代の元委託配達員が

「クロネコメール便」約3300通を配達せず、自宅近くの倉庫に

放置していたと発表したそうです。

放置されたメール便は、04年8月~07年12月の3年間に

秋田市内に向けて発送された商品カタログなどで

配達が完了したとの扱いになっていたそうで

元委託配達員はすでに死亡しており

借りていた倉庫を大家が改装のため開けたところ

配達していないメール便が発見されて

発覚したそうです!!


ヤマト運輸では去年11月にも

京都府で約2万1000通が配達されていなかったことが発覚しており

「今後も再発防止に取り組む」としていますが

これじゃ、いくらお店は信用できても

「メール便で送料無料」というお品を購入するのは

ちょっと怖いですね・・・

通信販売とクーリングオフ

さて、超久々のコラムです!!

今回はネット通販とクーリングオフについて

ネット通販は通信販売に含まれ

通信販売は「特定商取引に関する法律」という法律で規制されています。

特定商取引に関する法律は特定商取引法とよばれ

通信販売の他にも、訪問販売や電話勧誘販売、連鎖販売取引(マルチ商法)を

規制している法律として広く知られるもので

有名なクーリングオフ制度もこの法律を法根拠としています!!

ただ勘違いしてはいけないのは訪問販売や電話勧誘販売、連鎖販売取引には

クーリングオフの規定がありますが

通信販売にはこのクーリングオフの規定がありません!!

つまり法的なクーリングオフ制度の適用はないということ!!

尚、平成21年12月1日に施行された改正特定商取引に関する法律では

通信販売業者が通信販売の広告の中で、契約申込みの撤回に関する特約を記載していない限り

当該売買契約については、商品が引き渡された日又は指定権利の移転を受けた日から

起算して8日間は返品が認められるようになりました。

しかし、あくまでも返品特約の記載がない場合のみで

商品の引き取りや返品に要する費用も原則、購入者の負担になることを

理解しておく必要があります!!

■参考:ネット通販はクーリングオフできますか?

ブログ・ランキング参加中
応援ヨロシク♪

↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへTREview



こちらもオススメ♪

↓↓↓↓↓↓

二重価格に気をつけナハレヤ!

毎回、坦々と

自分のほしい商品を

紹介してきた

当ブログですが


今後は消費者の皆様のためになる

コラム的なものも

時々ですが

書いていきたいと思います。。。



第1回目は

二重価格表示です。。。


二重価格とは



定価14800円が

今だけ50%OFF!!
7400円


ってやつです。。。


この二重価格は法的に認められてはいますが

比較対照として示すことができるのは

自店の旧価格に限られています。


でも

でも

でも

実際には

ネット上には

販売実績のない価格を

通常価格と表示して

そこから○○%OFFって感じで

商品を安く見せる手法をつかっている

残念なお店が五万とあるのが現状です。。。


本当に値引きしてるのか

違法な二重価格表示なのかを

見極められる

賢い消費者になりましょう♪


ブログ・ランキング参加中
クリックしてくれると嬉しいです♪

↓↓↓↓↓↓

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。